スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
映画 「羊の木」
ちょっと前に観ました。
R15なんです、これ。確かにドキッとするシーンがありますが、社会派サスペンス好きな映画ファンならば、面白いと言ってもらえるんじゃないかな。


簡単なあらすじとして。 過疎化進む日本の地方都市、働き手が欲しい。また国は、刑務所の犯罪者にかかる経費が惜しい。そこで国家プロジェクトとして、校正していると思われる者をそういった地方都市に送り込むことにします。


6名全員元殺人犯。
犯罪に至った原因もそれぞれ、校正しているのか怪しい人もいる。


ジャニーズの錦戸君が、この6人の役所の担当です。彼の成長も物語のキーポイントかなぁ。



俳優みんな良かったです。松田龍平の、心ここに在らずのような、つかみどころのない怖さを持った人、ゾッとしました。サイコパスって罪の意識が無いところが怖いですよね。


優香が、この映画に膨らみをもたせているような気がします。


この冬に豪雪の為、沢山の車両が立ち往生した国道8号線。その辺りのお話みたいです。私の中では映画とテレビニュースの映像が一緒になってしまいました。


かつて罪を犯した人と知っても、同じように付き合ってくれる人もいたり、変わってしまう人もいたり。う〜ん、色々考えさせられますね。

| masu17 | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 14:10 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links