Entry: main  << >>
映画「3度目の殺人」
祝日に観て来ました。観客は40代以上ばかりと見受けられました。この映画、観る人によってはつまらないって言われそうです(私感です、ゴメンなさい)。



またまたネタバレしてもいい人のみ、この先読んで下さい。

是枝監督の作品は、引きの画が好きです。関係なさそうなシーンが、余韻を感じさせます。今回は、北海道のシーン。ありえないだろうと思う3人での雪遊びとか。

この映画は、父と娘。その関係を問うているのかな。クリスチャンだろうと思われる、斉藤由貴演ずる母親は、見て見ないふりをしてきたのか。法廷で、握りしめたのは十字架のペンダントだったのかな。

第一の殺人は同情に値するようなもの、第二は、守りたいもののための殺人事件か。第三は、役所広司が法によって死刑になる、ということか。それとも広瀬すずがやったのではないかということか。

よくわからないです。でもね、こーゆうの好きです、余韻を残す映画。自分の人生を振り返りながら、あーでもないこーでもないと、頭の中だけで妄想するのは。これ、私が根っからの文系人間だからでしょうか。

地味な色の映画でした。法廷や刑務所が舞台だし。俳優が良かったな、役所広司さん。眼の動き、ちょっとした動作に引き込まれました。


接見するシーンで、監督のテクニックを発見。そこだけ登場人物の位置が逆転してました。光を取り入れて、刑務所の中から出られない役所広司の方が、外の福山雅治より自由に生きているように見えました。

心が自由だと、何処にいても自由だと言う事なのかな。



福山雅治さんもいいけど、役所さんと比べるとまだツルンとした演技かな。広瀬すずちゃん、すごく良かったです。笑顔の演技が無くて少し寂しいけど、一作毎に大きくなっていくのね。

最後、福山さんは何を迷ったのかな。日本の司法の限界か?父と娘のいく末か?時々出てくる十字架に何か意味があるのかな?もう1回観てみようかな、と思わせる映画でした。

| masu17 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 21:50 | - | - |
Comment








Trackback

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links